お医者さんに選ばれる女性とは?

看護師の結婚相手はお医者さん?
自己紹介

自己紹介

少しでもハイスペックな男性と結婚したいと考えて婚活を頑張っているのに、ちっとも相手にしてもらえないと思っている女性必見!!お医者さん男子に選ばれる女性の特徴をご紹介します。ハイスペックなお医者さんに選ばれる女性とはどのような女性でしょうか?私の簡単な自己紹介も兼ねてご紹介していきます。


自己紹介

まずは私のことをちょっとだけ紹介させてもらいます。
私は元看護師で、夫は開業医のお医者さんです。出会いは学生時代で、現在は二児の母親です。一見幸せそうに見えるかもしれませんが、医師という職業は皆さんが思っている以上に激務。さらには時間がものすごく不規則なのです。家族そろってゆっくり旅行とかピクニックなんて夢のまた夢。いつかは家族でくつろげる日が来るといいなあと日々思っています。
では私の自己紹介はこれくらいにして、どのような人が医師の心を射止めるのかというところを見ていきましょう。

医師の娘

とくに開業医の場合、高価な医療設備を揃えるために長い年月を要することが多く、必然的に代々医師という家庭が多くなります。そういったお医者さん男子は、医師の娘とお見合いして、結婚することが多いようです。妻も夫も医師という夫婦もいるようです。

清楚で清潔感のある女性

医師の妻がみな美人ばかりとは限りません。ただ、一般的にみな総じて身なりに気を配っており、清楚であり、清潔感があります。家庭的で、料理が上手で、家の中もキレイに片付いています。

品性のある女性

上流階級に位置する医師の世界では、妻の品性が非常に重要となります。茶道や花道に精通していたり、着物が自分で着られる、マナーがきちんと身についているなど、誰に紹介しても恥ずかしくない女性であることが大切です。

金銭感覚がしっかりしている女性

女性が医師と結婚したい理由の一つに「経済力」がありますが、そういう目的で近付く女性をお医者さん男子はとても警戒しています。自らをアピールするために、ブランドで全身を着飾ったりしている女性は選ばれません。地味で慎ましやかな女性を求めているようです。

自立している女性

お医者さん男子は、精神的にも金銭的も自立している、しっかりした女性を求めています。これは、医師の仕事が激務で、家にいることが非常に少ないことがあげられます。このような状況で「彼とずっといっしょにいたい」「彼がいなくちゃ何もできない」といった、甘えたタイプの女性では、医師である夫を支えてもらえません。精神的にタフで、つねに笑顔で「お仕事大変ね、あとは任せて」と、家庭のことを任せることのできる心強い女性を求めています。

賢い女性

お医者さん男子は、お金を持っていて、派手なイメージがありますが、そういった人はごく一部です。実は、とても真面目で勉強熱心な人が多く、人間関係においてのコミュニケーションが苦手な人が多いのです。そこで、妻になる人には、状況や行間を読んで、いろいろなことが察することのできる賢い女性を求めています。相手のことを考えてあげられる、優しい女性だと、なお良いでしょう。

お医者さんと結婚したい看護師にオススメの記事

お医者さんと結婚するときのダントリって?
お医者さんとの結婚式を挙げるために!
お医者さんとの結婚式を挙げるとなると、世間一般の地味婚で、というわけには行かないようです。ある調査によるとお医者さんの結婚に係る費用は200万円から500万円という人が約5割、1000万円以上の費用を掛けている人も2.4%もいたそうです。またお医者さんの交友関係は広く招待客も多くなりますし、大学病院の医局関係者などを招待する際には相応の費用が発生します。
結婚後のライフプランを考えよう!
妊娠・子育ての不安は制度を使って解消!
看護師は妊娠や出産に関して詳しいように思われていますが、意外と育児休暇についての知識が乏しかったりします。制度を知っていれば、不安を感じることなく、育児に専念できますので、事前にその制度の概要や関連する事項を知っておきましょう。また地域によってはファミリーサポートセンターという介護や育児について助け合う会員制度がありますので、近くに親族がいない人は利用することも検討してみてください。
医者と看護師は結婚しづらい?
看護師がお医者さんと出会うには?
お医者さんが結婚相手と出会う機会は、ある程度限られています。医学生時代、研修医時代に周りにいる女性と付き合うようになるケースが多く、看護師にも十分チャンスがあります。このタイミングで女性と出会わなかった場合は、医師限定の婚活パーティーなどに参加するお医者さんもいます。