看護師と医師の結婚は報告の順序とタイミングが重要

看護師の結婚相手はお医者さん?
職場への結婚報告

職場への結婚報告

お医者さんと結婚するときのダントリって?

職場への結婚報告をする場合、報告する順序とタイミングがありますので、今後、結婚の予定のある人は参考にしてみてください。上司への結婚報告の際には伝えるべきことがらもありますので、友人への結婚報告ポイントと併せてご紹介します。看護師と医師との結婚では、特に気を付けた方が良いでしょう。


結婚報告をする順序

まず報告をしなければいけないのは、直属の上司となります。その後、上司と相談して、報告先や報告順を決めます。注意したいのは、同僚に話してしまったため、その同僚やウワサなどで、上司に伝わってしまうことです。そして結婚報告は大切はものです。メールなどではなく、直接口頭で伝えるようにしましょう。

結婚報告をするタイミング

退職を考えている場合は、引継ぎなどがありますので、早めに報告するようにしましょう。そうでなくても、結婚準備や結婚式、新婚旅行などでお休みを貰うことが考えられますので、3ヶ月前までには、報告をするようにしましょう。結婚報告はあくまでもプライベートなことですので、業務時間は避け、始業時間前や昼休み、業務終了後の時間などが最適です。

結婚報告をするときに伝えるべきこと

・披露宴への招待
上司を披露宴に招待する場合は、挙式の日時を口頭で伝え、追って招待状を送ることを伝えます。招待しない場合は、「結婚式は身内のみで済ませますので」などと、報告するようにしましょう。
・結婚後の仕事
仕事を続ける場合は、結婚後も仕事をがんばりたいことを伝えましょう。退職を希望する場合は、少なくとも3ヶ月前までに報告し、理由を伝えます。もし、結婚後、働き方を変えて仕事を続けたいと考えている場合は、その旨を伝え、部署の異動など何か方法はないか相談してみましょう。
・結婚後の名前
結婚後、同じ職場で仕事を続ける場合は、旧姓か新姓、どちらを使用するか希望を伝え、上司と相談します。職場によっては、ルールが決まっている場合もありますので、確認を忘れずにしましょう。
・休暇
結婚式にあわせて、長期休暇を希望する場合は、なるべく早めに希望を伝えましょう。

友人に結婚報告する場合の3つのポイント!!

(1)結婚報告をするタイミング
相手が親しい友人なら、できるだけ早めに伝えると喜ばれます。披露宴に招待する場合は、挙式の日時を伝えておくと、友人も予定がたてやすくなりますね。
(2)結婚報告をする方法
正式には、直接口頭での報告や手紙が丁寧です。ただ、親しい人であれば、電話やメールでも失礼にはなりません。
(3)結婚報告にもれがないように
結婚報告をうっかり伝え忘れ、関係が悪くなるようなことは避けましょう。招待客のリストを作るときに、「必ず招待する人」「できれば招待する人」「結婚報告だけする人」などと分けて、チェックしておくといいでしょう。

お医者さんと結婚したい看護師にオススメの記事

お医者さんと結婚するときのダントリって?
お医者さんとの結婚式を挙げるために!
お医者さんとの結婚式を挙げるとなると、世間一般の地味婚で、というわけには行かないようです。ある調査によるとお医者さんの結婚に係る費用は200万円から500万円という人が約5割、1000万円以上の費用を掛けている人も2.4%もいたそうです。またお医者さんの交友関係は広く招待客も多くなりますし、大学病院の医局関係者などを招待する際には相応の費用が発生します。
結婚後のライフプランを考えよう!
妊娠・子育ての不安は制度を使って解消!
看護師は妊娠や出産に関して詳しいように思われていますが、意外と育児休暇についての知識が乏しかったりします。制度を知っていれば、不安を感じることなく、育児に専念できますので、事前にその制度の概要や関連する事項を知っておきましょう。また地域によってはファミリーサポートセンターという介護や育児について助け合う会員制度がありますので、近くに親族がいない人は利用することも検討してみてください。
医者と看護師は結婚しづらい?
看護師がお医者さんと出会うには?
お医者さんが結婚相手と出会う機会は、ある程度限られています。医学生時代、研修医時代に周りにいる女性と付き合うようになるケースが多く、看護師にも十分チャンスがあります。このタイミングで女性と出会わなかった場合は、医師限定の婚活パーティーなどに参加するお医者さんもいます。