豪華なお医者さんとの結婚式

看護師の結婚相手はお医者さん?
お医者さんとの結婚式を挙げるために!

お医者さんとの結婚式を挙げるために!

お医者さんと結婚するときのダントリって?

医師との結婚が決まり「やったー!!」と思っているのも束の間、結婚に向けての準備が始まります。そもそも医師が結婚する場合、どのような結婚式を挙げるのでしょうか?最近では「地味婚」も増えているようですが、医師となるとそうはいかないようです。


医師の結婚式にかかる費用

医師を結婚相手にた既婚者843名に調査した結果、結婚に費やした費用は1000万円以上という太っ腹な人が2.4%いましたが、全体的には200万円~500万円が5割近くを占めました。某企業の「結婚トレンド調査」では、結婚費用の全国平均が423万円となっていますので、医師とそう変わらないようです。ただ、開業医の息子の場合は、費用がかさむ場合があるようで、平均の1.5倍前後とも言われています。
仲人や媒酌人を「立てた」と答えた人が、5割以上で、その内65%が「教授」に依頼したようです。謝礼の金額は「30万円以上」と答えた人が48.9%で、「100万円以上」と答えた人が4.3%も!!職場によっては、「仲人は教授に頼まないといけなくて、謝礼は100万円」という決まりごとがあるところもあるようです。
このように、医師と結婚する場合、結婚式の費用を抑えたとしても、別にお金がかかることが、予想されます。

医師の結婚式は豪華

医師の結婚式に招待されて行ったことがある人ならば分かると思いますが、結婚式も披露宴もとても豪華なことが多いです。これは、両親がある程度負担してくれる場合が多いためのようです。それというのも、医師の結婚式の場合、教授を呼んだり、院長を呼んだりと、招待客に気を遣わなければいけません。そうなると、会場もそれなりの場所を選んだり、内容もつい豪華なものとなる傾向があるようです。
当初、2人の貯金からと考えていたとしても、最終的に高額になったときに頼れるのが両親です。「結婚資金なんだけど……」と両親に相談して、出してもらう人が多いようです。

医師と結婚するときに気を付けるポイント

主に大学病院には、「医局」なるものが存在します。この「医局」は、転勤や妊娠・出産など、人事にも大きくかかわってくるものです。そのため、この「医局」を無視することはできません。医局に所属する医師が結婚する場合、教授や助教授などの上司を招待しなくてはいけません。
ただ、この教授などを招く場合、「多忙な教授の都合で式の日取りを決める」「結婚式は盛大に格式高く」「高額な謝礼を包む」などの暗黙のルールがあるようです。もしも、そんなに豪華な結婚式はちょっとと思うならば、研修医時代に、さっと地味に結婚してしまうのが良いと言えるでしょう。

お医者さんと結婚したい看護師にオススメの記事

お医者さんと結婚するときのダントリって?
お医者さんとの結婚式を挙げるために!
お医者さんとの結婚式を挙げるとなると、世間一般の地味婚で、というわけには行かないようです。ある調査によるとお医者さんの結婚に係る費用は200万円から500万円という人が約5割、1000万円以上の費用を掛けている人も2.4%もいたそうです。またお医者さんの交友関係は広く招待客も多くなりますし、大学病院の医局関係者などを招待する際には相応の費用が発生します。
結婚後のライフプランを考えよう!
妊娠・子育ての不安は制度を使って解消!
看護師は妊娠や出産に関して詳しいように思われていますが、意外と育児休暇についての知識が乏しかったりします。制度を知っていれば、不安を感じることなく、育児に専念できますので、事前にその制度の概要や関連する事項を知っておきましょう。また地域によってはファミリーサポートセンターという介護や育児について助け合う会員制度がありますので、近くに親族がいない人は利用することも検討してみてください。
医者と看護師は結婚しづらい?
看護師がお医者さんと出会うには?
お医者さんが結婚相手と出会う機会は、ある程度限られています。医学生時代、研修医時代に周りにいる女性と付き合うようになるケースが多く、看護師にも十分チャンスがあります。このタイミングで女性と出会わなかった場合は、医師限定の婚活パーティーなどに参加するお医者さんもいます。